初心を忘れないことの大切さ

https://www.apple.com/jp/

Steve Jobsの功績を称えるAppleのサイトを見ていて感動と言うか、
初心を忘れないことの大切さを学びます。

私自身、高卒で18才の時に就職して働いてきましたが、
Macintoshとの出会いがなければ今の自分は存在しません。

Macintoshを初めて学んだのは22才の時。
それから早30年、驚くぐらいの進化を見てきました。
NotePCがこんなに薄くなるのか?とか。
顔がパスワードになるのか?とか(笑)

それくらいApple製品には思い入れがありますが、
それは何故なのか?と言うと…
やはり、コンピューターなのに人間臭いんですよ。
理系じゃなく、創造系とでも言うのでしょうか。

そんな中でずっと私自身も微力ながら創造に向き合ってきましたが、
Appleの作りだすワクワク感はいつの時代も変わりませんでした

そのワクワク感を常に作り続けてきたSteve Jobsが生きていたら…
Appleはどうなっていたのだろうか?
その意志は今のスタッフに受け継がれているんだろうか?

多分、受け継がれているから今の進歩、進化があるのでしょう。

今回のSwiftUIもそうでした。
これから先もAppleは色々な事に更にチャレンジしていくんだろうな…
が見え隠れする言語でした。

創造とは何か?
なぜオリジナルにこだわるのか?

初心と向き合いながらあと10年は頑張ってみようかなと思ってます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

大丈夫?危機管理